一番効果のあるペニス増大サプリは?選び方や人気ランキングも公開中!

増大サプリとは、ペニスを増大させてくれる食材

増大サプリとは、ペニスを増大させてくれる食材です。

 

ここで重要なポイントを1点解説します。食材と書きましたが、医薬品ではないという意味です。

 

医薬品にもさまざまな種類がありますが、病院で処方されるのは医療用医薬品です。

 

その名の通り医療のために使われる薬です。一般的に薬と言われているのはこれにあたります。これに対して薬局でも手に入るのは一般用医薬品です。こちらは市販薬・大衆薬などと言われることもあります。

 

一般用医薬品はさらに一類・二類・三類に分かれます。一類がより医療用医薬品に近く、三類はほとんど栄養ドリンクなどと変わりがないものと考えておいて差し支えないでしょう。とはいっても三類の一般用医薬品で副作用が出ることもあるので油断は禁物です。基本的に、体に異常がないときには薬は飲むべきではありません。三類くらいなら少し体がだるいという時に飲むとちょうどいいという人もいます。

 

 

栄養ドリンクのうち、有名な「ユンケル」は二類医薬品にあたります。栄養ドリンクでも強いものは二類になることもあるということです。わかりやすいのは、「チオビタ」でしょう。「チオビタゴールド」は二類医薬品にあたりますが、通常の「チオビタドリンク」は三類医薬品です。二類のほうが効き目が高いとしても安易に手を出すべきではありません。副作用も強めになっているからです。

 

さて、それでは増大サプリの説明に移ります。最初に書いたように、これはペニスを増大させてくれる食材なので医薬品ではありません。最も副作用が弱い三類医薬品にすらあたらないということです。精力剤と呼ばれることがありますが、その意味はわずかに違ってきます。「栄養ドリンクと同じで精力剤にも医薬品にあたるものがあるのではないか」と考える人もいそうです。

 

 

たしかに、精力剤の中には医薬品にあたるものもあります。しかし、増大サプリと呼ばれるものは医薬品にはあたりません。なぜなら、サプリメントという名前がついているからです。サプリメントという名前がついているからにはすべて食材です。よほど過剰に摂取しなければ副作用などの心配はありません。精力を増強させてくれる薬や食材などのことを精力剤と呼び、増大サプリはその中に含まれるというイメージでいいと思われます。

 

次に、おすすめの増大サプリとはどのようなものかを解説します。摂取する目的は人それぞれですが、基本的には「ペニスを大きくしたい」と考える人が飲むものです。ただ単に健康的になりたい、精力的な生活を送りたいということが目的で飲む人もいます。しかし、その名前からわかる通り、特に精力アップに役に立つ食材・栄養素が選ばれて配合されているので、やはり「ペニスを大きくしたい」と考える人のほうが多数派でしょう。

 

ここで、ほんとうにそんなことが可能なのかという疑問が浮かぶはずです。人の体は成長期を過ぎるとあまり変化しなくなります。筋肉はトレーニングをすることでつけることができますが、骨などの骨格部分は20歳を過ぎたあたりから成長しなくなります。22歳くらいまでは成長を続けるという人もいるので個人差があります。一般的には18歳頃までが成長期と呼ばれています。研究によると24歳までは成長が続くというデータもあるので、20歳を過ぎても身長がのびる人がいるのは不思議なことではありません。

 

このことから、24歳までならペニスを根本的に大きくすることが可能です。しかし、その年齢を過ぎると大きくすることは困難になります。それでは増大サプリなんか飲んでも意味がないではないかと思うかもしれません。実は、増大という言葉がついているのは、根本的にペニスを大きくするのではなく、精力がつく食材を摂取することで体を内側から健康にし、性行為時にマックスまでペニスを大きくしようという意味でその言葉がついているようです。つまりは、「最大サイズを上げる」ことが目的なのではなく、「体を健康にして最大サイズまで勃起できるようにする」ことが目的ということです。

 

このことを理解したうえでおすすめの商品を選びましょう。「ペニスのサイズを根本的にアップさせます。10センチから24センチにアップ可能です。」などと書かれていたら怪しい商品である可能性が高くなります。商品説明や広告を読んだとき、大げさすぎる表現や過大な効果が書かれていないかどうかをチェックすることは重要です。大げさすぎる表現がなく、きちんと期待できる効果が書かれているなら信頼できます。

 

 

よく配合されている成分としてはマカ・クラチャイダムなどがあげられます。これにシトルリンも追加されていたらかなりおすすめできます。マカやクラチャイダムにはアルギニンがたくさん含まれていますが、シトルリンは主要成分として含まれていないからです。そのほかにはトンカットアリや亜鉛などが人気がある成分となります。複数のサプリメントを併用すると添加物もそれだけ多くなるという問題点があるので、なるべく1つのサプリメントで複数の栄養素を摂取したいところ。