LCCでアジア諸国へTRIP

05PHBD06

LCCは昨今ずいぶん有名になりましたね。PeachやVanilaはみなさんもご存じなのではないでしょうか。

もともとヨーロッパなどでは大変人気のあったシステムですが、日本の法律上導入には時間がかかり、規制緩和をきっかけにやっと日本にもそのシステムが導入されました。それでも、慎重な日本人は、こんなに安い価格で飛ぶ飛行機は果たして安全なのだろうかと、最初はずいぶん石橋をたたいている印象がありました。

最近やっと、その市民権を勝ち得、海外や国内をLCCで移動する人が増えているようです。
例えば東京―大阪間はANAなどで飛べば一万円以上かかりますが、Peachで飛べば最安値は3000円程度です。
夜行バス並のコストパフォーマンスですね。

さて、LCCはどうしてそんなに安いのでしょうか。そのコストパフォーマンスにはもちろん、秘密があります。
みなさんは飛行機ときくと、何を想像されますか?私は機内食です。
本来の飛行機搭乗の目的ではないにせよ、旅行に来た~って感じがして機内食を食べるのが毎回楽しみです。
例えばLCCでは、こういったサービスが一切省かれます。飲み物、機内食は配られず、欲しい方は機内で個人的に購入します。

また、チェックインカウンターは機械になっており、無人です。
普通の航空会社では、遅れた人をお呼び出ししたり、添乗員さんが空港内を探し回って一緒に搭乗口まで走ってくれるなんて場面をよく目にしますが、そういうサービスもありません。

チェックインに一分でも遅れてしまえば、機械が受け付けてくれなくなるので、たとえ目の前に自分の飛行機がまだいたとしても、もう乗れないのです。
(必ずその旨はチケットに明記されていますが、サービス精神が求められる日本ではそれに対して非難ごうごうなようです。)

たくさんの人数を乗せるためにシートと幅は最低規格。私は一度LCCで五時間飛びましたが、長距離飛行はやはり飲み物なし・食べ物なし・狭いシートではかなり厳しいと感じました。

つまり、それでもいい、安くで飛べるのならばそんなサービスはむしろいらない、という方にはLCCはぴったりです。
そして、今回のテーマであるアジア諸国に、このLCCはよく出入りしています。

韓国へはPeach・バニラなど。上海へは春秋航空や吉祥航空。香港へはジェットスターやバニラなど。
安さを優先に日を選ぶことができるなら、本当に格安で飛ぶことができます。

また、それぞれ会員登録をしておけば、会員限定セールなどの通知ももらえますので、ご旅行の予定がある方はぜひチェックしてみてくださいね。


格安航空券からみる上海旅行

さて、では例に上海をとって、格安航空券を購入すると想定しましょう。
インターネットで「格安航空券」を探すと、たくさんの旅行ポータルサイトがあがってきます。
たくさんの旅行代理店の情報を一括して検索にかけられる優れもので、「トラベルコちゃん」や「スカイチケット」などが有名ですね。

例えば航空券を探したいとき。
旅行をしたい日の日付、行先を入力して検索すると、値段の安い順に検索結果として表示されます。
かかる時間、航空会社など様々な条件を指定して検索することもできますので、非常に便利です。

これらのサイトはたいていがインターネット上だけで運営されています。
さて、今回は「トラベルコちゃん」にお世話になります。このサイトのいいところは、日付を指定しなくても、一週間単位での値段表が表示されるところです。

どうせ週末なら、一番安い週末を選びたいですよね。例えば9月。
一番安いのは吉祥航空の22610円でした。往復二万円なら、東京―大阪間を新幹線で行き来するのと同じぐらいですね。

素晴らしい。

東京からは3時間半弱。

一番安い時期を狙っていきたいのであれば、12月前半もしくは2月中旬が安いのだそうですが、この時期は年末年始や中国のお正月にあたる時期なので、店が閉まっていたりすることが多いので注意しましょう。

航空券とホテルがセットで格安で売り出されているツアーも多いので、ぜひチェックしてみてください。
アジア諸国へのツアーは、現地ではフリー時間のみということが多いので、比較的しばりがなく自由に過ごせます。

では、上海の見どころを少し紹介します。
北京に続く大都市ですので、とにかく高いビルが立ち並ぶ上海。
でも、そこには様々な歴史的建築物も見ることができます。例えば豫園。明の時代に建てられ、所有者が何度も点々としながら今まで守り続けられてきた庭園です。広い園内にはたくさんの楼閣があり、美しい装飾は見事です。

豫園に続いて上海で人気の観光所として知られるのが、玉仏寺。
1882年に建てられたお寺で、火事により元あった場所から現在の場所には1918年に移されました。ヒスイなどで作られた釈迦像は、一見の価値あり。

また、このお寺では精進料理を体験することができ、旅行者に人気を博しています。

歴史的建築物から離れてみましょう。上海といえば、この写真を見たことがある人も多いではないでしょうか。
上海の名物として親しまれている東方明珠塔。テレビ塔として利用されています。

巣高さは468mとスカイツリーに高さはだいぶ劣りますが、デザインが独特で、一度見たら忘れないでしょう。
ここの展望台からは、上海が一望できます。

上海には、中国一高い高層ビルもあります。それが、上海ワールドフィナンシャルセンターです。
高さは492mで、これもまた現代らしい独特な外観をもちます。ビルの中にはパークハイアット上海が入っており、世界一高いところにあるホテルなのだとか。
歴史と現代が混在した街上海。日本とはまた違った都会感を味わうのはいかがでしょうか。

次は、韓国旅行をご紹介いたします。